TSF

愛と怒りの『ぼくは麻理のなか』感想(ネタバレあり)

長い間、読もうと思っていたが、なんだかんだで読んでいなかったTS漫画『ぼくは麻理のなか』をようやく読破した。 ぼくは麻理のなか : 1 (アクションコミックス) 作者: 押見修造 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/09/22 メディア: Kindle版 この商品を…

『君の名は。』2回目感想 あるいは『君の名は。 Another Side:Earthbound』

タイトルの通り、『君の名は。』、2回目見てきました。自分でもびっくりしたんだけど、1回目よりも数倍楽しめました。 以下、2回目鑑賞して思ったことと、2回目を見るにあたって事前勉強で読んだ外伝小説の感想について、簡単に書いていきたいと思います。…

『君の名は。』 あるいは階段落ち以上に説得力のある入れ替わりはあるか問題(ネタバレ有)

おこんばんは、死角からの一撃です。 先日のバランスポリシー記事でも少し触れましたが、現在大ヒット中の映画『君の名は。』がTSものだという情報を知ったので、翌日見てきました。 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド 作者: 新海誠,東宝,コミ…

バランスポリシー あるいはTSFが持つ暴力性に対する一考察

お久しぶりです。はてなダイアリーからFC2に移動して、そのFC2も2年くらい放置した挙句、FC2ブログから商品紹介機能がなくなっていたことに絶望したために、はてなに出戻ってきました。 ここ2年くらいぜんぜんブログを更新していなかったのは、単純に仕事…