読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春樹短編作品における飲酒量を調査して村上春樹の肝臓を心配するブログ その2

こんばんは。死角からの一撃です。 前回から少し日が開いてしまいましたが、「村上春樹作品の主人公、酒飲みすぎじゃね?」問題を解決するために、村上春樹の飲酒量調査の続きをやっていきたいと思います。はい。 今回調査するのは『村上春樹全作品1979-1989…

『騎士団長殺し』発売記念 村上春樹短編作品における飲酒量を調査して村上春樹の肝臓を心配するブログ その1

最初に ルール 『村上春樹全作品 1979-1989 3 短編集Ⅰ』 「中国行きのスローボート」 「貧乏な叔母さんの話」 「ニューヨーク炭鉱の悲劇」 「カンガルー通信」 「午後の最後の芝生」 「土の中の彼女の小さな犬」 「シドニーのグリーン・ストリート」 「納屋…

『累』大人買いした

昔から、変身というものに、心動かされてきた。 僕の最も古い記憶は、実家の居間でウルトラマンタロウのビデオを見ていたときのものである。多分、四歳か五歳だったと思う。 兄と一緒にこたつに脚を突っ込んでみていたそれは、第31話「あぶない!嘘つき毒き…

最近見た映画の話 ポッピンQ編

アニメ映画『ポッピンQ』を公開初日に見てきた。 劇場アニメ『ポッピンQ』予告映像

最近見た映画の話2 恋慕編

どうもこんばんは、死角からの一撃です。 今日も今日とて、最近見た映画の話をします。現在公開中の最新映画だったり、微妙に古い映画だったり。 具体的には『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』と『ザ・レイド』と『クロニクル』の三本です。

愛と怒りの『ぼくは麻理のなか』感想(ネタバレあり)

長い間、読もうと思っていたが、なんだかんだで読んでいなかったTS漫画『ぼくは麻理のなか』をようやく読破した。 ぼくは麻理のなか : 1 (アクションコミックス) 作者: 押見修造 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/09/22 メディア: Kindle版 この商品を…

最近見た映画のお話、あるいはキング・オブ・シスコンについて

皆さんお元気ですか。死角からの一撃です。 最近は、前々から見よう見ようと思いながらも結局見ていなかった映画を、順番に見ています。 いやあ、映画って本当にいいものですね。 今日は最近見た映画の中でも、特に面白かったものを3点ピックアップして、備…

ペルソナ5、実質ステイサム映画説

ペルソナ5、発売されましたね。 ペルソナ5 - PS4 出版社/メーカー: アトラス 発売日: 2016/09/15 メディア: Video Game この商品を含むブログ (13件) を見る 僕もPS4本体ごと購入して、ガリガリとプレイしていて、第3ダンジョンをクリアしたところです。 現…

『君の名は。』2回目感想 あるいは『君の名は。 Another Side:Earthbound』

タイトルの通り、『君の名は。』、2回目見てきました。自分でもびっくりしたんだけど、1回目よりも数倍楽しめました。 以下、2回目鑑賞して思ったことと、2回目を見るにあたって事前勉強で読んだ外伝小説の感想について、簡単に書いていきたいと思います。…

『プロレススーパースター列伝』 または解説者としてのアントニオ猪木

おこんばんは、死角からの一撃です。 9月ですね。9月といえば秋ですね。秋といえばスポーツの秋ですね。 というわけで、今日は今最も読むべきスポーツ漫画である『プロレススーパースター列伝』の話をしたいと思う。 プロレススーパースター列伝【デジタル…

『める子』 あるいは成人向け漫画雑誌に掲載されている全年齢向け黒ロンギャグ漫画について

おこんばんは、死角からの一撃です。 みなさんは、「成人向け漫画雑誌に掲載されている全年齢向けギャグ漫画」はお好きだろうか? 僕は大好きだ。 「成人向け漫画雑誌に掲載されている全年齢向けギャグ漫画」は、どういう因果かレベルが高いことが多く、また…

『君の名は。』 あるいは階段落ち以上に説得力のある入れ替わりはあるか問題(ネタバレ有)

おこんばんは、死角からの一撃です。 先日のバランスポリシー記事でも少し触れましたが、現在大ヒット中の映画『君の名は。』がTSものだという情報を知ったので、翌日見てきました。 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド 作者: 新海誠,東宝,コミ…

バランスポリシー あるいはTSFが持つ暴力性に対する一考察

お久しぶりです。はてなダイアリーからFC2に移動して、そのFC2も2年くらい放置した挙句、FC2ブログから商品紹介機能がなくなっていたことに絶望したために、はてなに出戻ってきました。 ここ2年くらいぜんぜんブログを更新していなかったのは、単純に仕事…