読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルソナ5、実質ステイサム映画説

 ペルソナ5、発売されましたね。

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

 

  僕もPS4本体ごと購入して、ガリガリとプレイしていて、第3ダンジョンをクリアしたところです。

 現在のところ、非常に楽しんでプレイしているのですが、ちょっと気になることが。

 ペルソナ5、第1ダンジョン周辺のストーリーが良く出来すぎているんです。

 公式の方でネタバレ禁止云々の告知が出ているので、あんまり詳しいことは書きませんが、第1ダンジョンに関わる話だけで、一つの物語としてある程度完成しちゃっていて、もうこの部分だけで傑作判定を下してもいいくらいです。

 ただ、この第1ダンジョンの完成度があまりに高かったために、第2・第3ダンジョンの時点で、すでに「蛇足感」というか「エクストラステージ感」みたいなものを覚えてしまって、この先ストーリーを進める上でだれてしまわないか、ちょっと不安に感じてしまっているのです。

 要するに贅沢な不安ってやつです。

 

続きを読む

『君の名は。』2回目感想 あるいは『君の名は。 Another Side:Earthbound』

 タイトルの通り、『君の名は。』、2回目見てきました。自分でもびっくりしたんだけど、1回目よりも数倍楽しめました。

 以下、2回目鑑賞して思ったことと、2回目を見るにあたって事前勉強で読んだ外伝小説の感想について、簡単に書いていきたいと思います。

 ネタバレあるので未見&未読の方は注意。

 ちなみに初見時の感想はこちら↓

 

minami10zi.hatenablog.com

 

続きを読む

『プロレススーパースター列伝』 または解説者としてのアントニオ猪木

  おこんばんは、死角からの一撃です。

 9月ですね。9月といえば秋ですね。秋といえばスポーツの秋ですね。

 というわけで、今日は今最も読むべきスポーツ漫画である『プロレススーパースター列伝』の話をしたいと思う。

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 1

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 1

 

 

 皆さんは、『プロレススーパースター列伝』をご存じだろうか?

 僕は平成生まれのボーイなので、つい最近まで『プロレススーパースター列伝』についてはタイトルくらいは聞いたことがあっても、内容のほうは、さっぱり知らなかった。

 しかし、ある時これがKindle化され、安値で販売されていたので、試しに読んでみたところ、ちょっとびっくりするくらい面白かった。

 プロレスに全然興味が無くて、アントニオ猪木にもジャイアント馬場にも全く思い入れがない僕が読んでも、めちゃくちゃ面白かったので、多分当時の少年たちはもっと面白く読んでいたのだろう。

 

 『プロレススーパー列伝』、高名な漫画ではあるが、平成生まれのボーイ&ガールの中には、以前の僕のように一切その中身を知らない人もいると思うので、今日は僕なりに『プロレススーパースター列伝』の魅力を紹介したいと思う。

 

続きを読む

『める子』 あるいは成人向け漫画雑誌に掲載されている全年齢向け黒ロンギャグ漫画について

 おこんばんは、死角からの一撃です。

 みなさんは、「成人向け漫画雑誌に掲載されている全年齢向けギャグ漫画」はお好きだろうか?

 僕は大好きだ。
 「成人向け漫画雑誌に掲載されている全年齢向けギャグ漫画」は、どういう因果かレベルが高いことが多く、また黒ロンの女の子が多数登場することでも有名である。


 さて、水星さんがおっしゃられているように、本日9月6日は黒ロンの日である。

 よって、特におすすめの「成人向け漫画雑誌に掲載された全年齢向け黒ロンギャグ漫画」である『める子』を紹介したいと思う。

 

だいたいめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

だいたいめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

 

 

 

それでもめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

それでもめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

 

 

続きを読む

『君の名は。』 あるいは階段落ち以上に説得力のある入れ替わりはあるか問題(ネタバレ有)

 おこんばんは、死角からの一撃です。

 先日のバランスポリシー記事でも少し触れましたが、現在大ヒット中の映画『君の名は。』がTSものだという情報を知ったので、翌日見てきました。

 

 

  この映画については、自分の中で結構もやもやするところがあって、良い映画のような気も、いまいちな映画のような気もしています。

 TSF映画なので、それだけで無条件に褒めたい気もするんですが、しかし、TSF映画としてみた場合の欠点もある。

 頭のなかを整理するために、とりあえず、自分の感想をブログにまとめておきたいと思います。

 

 なお、ネタバレありな上に、すでに『君の名は。』を鑑賞した人が読むことを想定して書いています。未見の方はご注意を。

 

続きを読む

バランスポリシー あるいはTSFが持つ暴力性に対する一考察

 

 お久しぶりです。はてなダイアリーからFC2に移動して、そのFC2も2年くらい放置した挙句、FC2ブログから商品紹介機能がなくなっていたことに絶望したために、はてなに出戻ってきました。

 

 ここ2年くらいぜんぜんブログを更新していなかったのは、単純に仕事が忙しかったとか、それなりに傷心するようなことが連続してあったとか、なんかめんどくさかったとか、そんな感じの理由です。あんまり詮索しないでください。

 以前のブログは一応残しておきます。誰も読まないだろうけど。

 

 まあそれはともかく、あんまり脈絡なくおすすめ漫画の紹介とかしたいと思う。

  吉富昭仁作『バランスポリシー』

 

続きを読む